Devil Town


2017/04/26
I was livin' in a devil town
Didn't know it was a devil town
Oh lord it really brings me down
About the devil town
And all my friends were vampires
Didn't know they were vampires
Turns out I was a vampire myself

I was livin' in a devil town
Didn't know it was a devil town
Oh lord it really brings me down
About the devil town


悪魔の街に住んでいた
そうだとは知らずに
ああ神様 ここが悪魔の街だったなんて
友だちはみんな吸血鬼だった
みんなが吸血鬼だたなんて知らなかったさ
そのうちぼくもみんなと同じになっていった
この悪魔の街で

悪魔の街に住んでいた
そうだとは知らずに
ああ神様 こんなにもぼくは落ちてしまった
この悪魔の街で



和訳は私ですのであまり間に受けないように。
洋楽を聴くようになった高校生の頃から和訳に不信感を抱き続けているので、自分ならどう訳すかなと英語の勉強と日本語の勉強と作詞の練習を兼ねて訳してみた次第です。

この曲はアメリカのミュージシャン、Daniel Johnstonの曲。
彼のこれまでの人生は悲劇的で奇抜なことから、多方面で色々と書かれている。
とりわけ、評論家のような物言いをしている人間には相変わらず反吐が出そうになるが(おっと失礼。)
同時に、知りもしない他人のことをああだこうだと言う人間と私自身もさほど変わらないことを身に染みて思う。
ポジティブに生きることは、それまでしてこなかった人間には難しい。
批判も評論も私はしない。非現実的なことも口にはしない。
でも、そうやって表面的なネガティブを覆い隠したところで、自分の心に根を張っているネガティブマインドが取り除かれることはない。
最近、哀しみとネガティブは、本質的に違うものだと感じ始めている。
哀しみは人生を不幸にさせるものではない。だから生きる上で欠かすことができない。
それはきっと豊潤で、優美で、ただ密やかに寄り添い、大切なことを声もなく教え続けてくれる。
この先自分の音楽が、愛や悲しみと同じであるように、生と死を包括していくように
そういう演奏がしたい。
そういう人生を送りたい。

comment (-) @ 日々
King'sDay | りすさん