相手の意図がさっぱり分からんとき


2017/02/03
オランダ語でメールのやり取りをしていると、単語の意味も文法も分かるのに内容ががまったくわからん時がある。
文章が理解できても、内容がネガなのか、ポジなのか、どちらでもないのかが分からんのだ。
この現象にPCの前で小一時間頭を抱えて、いつの間にか幽体離脱している時がある。

でも、こういうのって、ネイティブですら分からん時もあるやろ・・・。
さらにわたしの場合は言語勉強中のため、なんぼ考えても分からんものは分からん。

海外で相手の意図することが分からなかった時に重要なことは、日本人の感覚で根拠のない予想を立ててやり取りを進めないことだと思う。特にビジネスでは。
言語の問題以前に、異文化間のやりとりでは自分の予想を超え得ることがスタンダードとなる。
よーするに「さすがにそれはないわ」って思うようなことが、外国では普通にありうる。(時には母国でも起こりうる・・・)

まぁ言語面でも、口語は特にどこの国でも難しいし、顔も見えないやり取りになると、その不明瞭さは倍増。
とにかく安易に自己判断せずに、お隣さん家へゴーするのが正解。



人間同士でこんなにも分かり合えないことがあるのか・・・と衝撃を受ける日々もあれば
言葉が通じあえなくても、こんなにも分かり合えるんだ!と衝撃を受ける日々もある。

comment (-) @ 日々
おやこの光景 | 画伯