オランダ語と英語とどっちがいいのよ?


2017/04/01
オランダでは多くの場合、言語選択ができ英語が選べる。
例えば銀行ATM、電車の自動券売機、各ウェブサイト。

わたしは今はまだオランダ語よりも英語のほうが理解できるのだが、上記の場合は断然、オランダ語のほうが理解しやすい。
と言うのも、オランダ語は複数の単語が合わさって一つになっているものが多い。
英語だと、その単語自体を知らなければ理解できないが、オランダ語だと、構成されている複数の単語のうちのどれか一つでも知っていれば、文章の意味を探れたりする。

例えば、電車の自動券売機に出てくる「Samenreiskorting」は、この単語の意味を知らなくても、
・Samen(togheter/共に)
・reisen(journey/旅)
・korting(discount/割引)
のどれかを知っていれば、意味を推測できる。

ちなみに、ここでなんとなくEnglishを選択してしまうと、オランダ語と英語の脳内スイッチの切り替えがすぐにできず余計にわからなくなる(笑)

comment (-) @ 日々
日本語に子音はありまへんねん。 | PYREXとDURALEXのコップ