逃げ道を全部断ってしまえ


2017/12/20
資金調達や広報を兼ねてクラウドファンディングを勧められたりする。
考えてはみるものの、クラウドファンディングにまったく興味がわかない。
むしろ本能が「やるな」と言っている。

フリーランスなんだからビジネス書とかマネージメントの本も読んではいる。
面白いし勉強になるものの、わたしには真似できない。
できない理由は、やってみて一瞬で「なんか違う」と思ったから。
それが出来ることは賢さでありビジネスの条件だと思っていた。でもちがう。
少なくともわたしには当てはまらない。
大事なものが人それぞれであるように、賢くある方法も人それぞれだと思うようになった。

海外に引っ越せたし、英語も話せるようになってきたし、アイルランドでレコーディングできたし、世界中の誰もが知っているようなミュージシャンと一緒に仕事もしたし、フジロックの社長にも良いと言わせた。
1年でそれを全部やり遂げた。
これがわたしとゆうじの成果だ。
やればやるほど自分の選択に自信しかない。
わたしにとゆうじには本能的判断力がある。

でも一つだけすごく感じる危機感があってそれは、このままやり続ければ周りの人が想像できない世界が現実になるけど、もしもやめてしまったら、一瞬で全てがただの思い出で終わるということ。
そしてその時、再起するパワーは無い。

人生は「あの時こうしていれば」なんて分かりっこないのだから、目隠しされてる状態で、夢だけ頭に描きながら突き進むよ。
でっかい手とちっちゃい手はちゃんと掴んでね。
comment (-) @ 日々
アップルタルト | 不感症?