クリスマスの思い出


2017/12/10
「クリスマスの思い出ってなんかある?」
とゆうじに聞かれて思い出したのは、初めて男の子にあげたクリスマスプレゼントが「靴下」だったということ。
財布だと今使ってるやつが使えなくなるし、アクセサリーだとつけなきゃいけなくなるし、と悩んだ結果選んだのが、自分ではなかなか買わない値段の靴下。
10年以上経った今思い返しても、我ながらナイスチョイスだ。
いくつかあってもいいものだし、目立たないから履くのも履かないのも気を使わない。

と思いながらゆうじと一緒に並んで靴下を編んでいる。楽しい。



おかげで英語の勉強が はかどらないが、よろしい。
comment (-) @ 日々
Ray Manzarek and The Doors | メモ:教育のための化学研究所