朝霧JAM2017(メモあり)


2017/10/10
10/7(土)・10/8(日)と富士山麓、朝霧アリーナで行われた朝霧JAMに行って来た。

















持ち物:いづみ


当日の服装


下着、肌着、長袖、半袖、ライトシェルジャケット、トレッキングパンツ
靴下、トレッキングシューズ、つば付きの帽子、グラサン

サコッシュの中身


朝霧JAMのチケット、カメラ、iPhone、iPhone防水ケース、メガネ、ティッシュ、ジップロック

バックパックの中身


【服】
レインコート、アウター×2
ウルトラウォームヒートテック長袖、ウルトラウォームヒートテックレギンス
ウルトラストレッチスウェットイージーパンツ
肌着、毛糸の靴下

【日用品】
Wi-Fiルーター、充電器、イヤホン、ガイガーカウンター、ヨウ素剤
エコバッグ、歯ブラシ、爪切り、毛抜き、保湿クリーム、ばんそうこう、トイレットペーパー
S字フック、、カラビナ、給水スポンジ650ml、ロープ3m、LEDライト、ピクニックシート

【テント用品・寝具】
テント、グラウンドシート、インナーシート
寝袋(二人用/耐寒ー7度)、マットレス
ハンマー、ナイロン補修シート

【調理用品・食料】
ガスバーナー、ガスボンベ
ウォータータンク10L×2、水筒
鍋、お皿・コップ、カトラリー、まな板、じょうご
食料(缶詰×4、パン、玄麦乾パン、入り玄米、インスタントラーメン、ピスタチオ、ラムネ、塩飴)
調味料(塩胡椒・醤油)、油

*テント用品・寝具・調理用品・食料はゆうじと半分こして持った。ゆうじ総重量25kg、いづみ10kg(推定)

<車に据え置き>
予備のスニーカー、折り畳み傘、生理用品

持ち物:息子(5歳)


<服装>
下着、チノパン、長袖、ウインドシェル、ゴアテックス、靴下、長靴
<サコッシュ>
ラムネ、おこづかい、ティッシュ、ばんそうこう
<バックパック>
下着×2、厚手のパンツ×2、長袖、靴下、レインコート

かかったお金


朝霧JAMチケット:30,000円


大人2人分

交通費:円


*メモってた紙を紛失したため、後日追記。以下テキトー。

・高速代(大阪長田?→新富士?)4,550円
・高速代(新富士?→大阪長田?)4,350円
・ガソリン:5,256円(Vivio)
・駐車場:1,200円(48時間・新富士駅付近)
・山梨バス(新富士駅⑥→朝霧グリンパーク)1,350円/人 *5歳児無料・往復割引なし
・山梨バス(朝霧高原→新富士駅⑥)1,340円/人


朝霧JAMで使ったお金:3,300円


<1日目> 1,800円
・シューアイス 300円
・飲むヨーグルト 200円
・iPledgeワークショップ(缶バッジ作り) 500円
・バンプキンホワイトカレー 500円
・つくね3本 300円
<2日目> 1,500円
・豚丼 500円
・牛乳 200円
・iPledgeワークショップ(フラッグ作り) 300円
・豚汁 500円

特筆事項


持ち物


<持って行って良かった物>
・ 耐寒ー7度の寝袋(ちょうどよかった)
・ロープ(サコッシュの肩掛けの紐と兼用)
・給水スポンジ650ml(半分に切ってゆうじと一つづつ持っていた)
・LEDライト
・ジップロック
・iPhone用防水ケース
・缶詰、玄麦乾パン(美味しい)
・伸び伸びスウェット
・ポケッタブルライトジャケット(全員)
・レインコート
・息子の長靴
・手ぬぐい

<持っていかなくてよかったもの>
・アウター2つ(1つでじゅうぶん)
・ウォータータンク2つ(1つでじゅうぶん)
・毛糸の靴下
・ウルトラウォームヒートテック
・コーヒーミルとドリッパー(ゆうじ不調により出番なし)

<次回持っていこうと思うもの>

・ミドル丈の長靴(いづみ)
・つば付きの帽子(息子)
・速乾のパンツ・服(いづみ・息子)
・サンダル(いづみ・息子)
・半袖2着(いづみ・息子)
・LEDライト2つ(テント残留者用と夜間歩行者用)
・チェキ

新富士駅周辺パーキング


・結構ある。
・24時間で500円、600円、700円など割と良心的な価格。

メモ:新富士駅⑥⇄朝霧高原⇄朝霧アリーナ


富士急山梨バス【精進湖経由 富士山駅行き(上り)・新富士駅行き(下り)】
・1日4回運行、平日休日共に時刻同じ。*2017年10月時点
・新富士駅バスターミナル⑥番線発着。(始発駅なので整理券は出てこない)
・停留所「朝霧高原」すぐ横にファミマあり。ファミマWi-Fiはなし。*2017年10月時点
・朝霧高原から朝霧アリーナまでは2kmちょい。
・10/7(土)始発のバス(上り) → 混んでいない。
・10/8(日)最終のバス(下り) → 混む。発着時刻の1時間前には停留所で待っていた方が良い。

朝霧JAM2017


・会場に9:00ごろ着く。→Aサイドのステージまえ2列目にテント張れた。
・オープンしたらチケットを見せてリストバンドをゲットしてからじゃないとキャンプサイド手前で追い返されるので注意。
・Aサイドは火気厳禁・炊事不可のためAサイドとBサイド両方にテント張る人が多かった。
・給水所の水は、富士山の天然水。
・イベント用に設置された簡易トイレは全て和式。MOON SHINE STAGE奥に常設の様式トイレあり。
・帰りのシャトルバスは予約制。2日目のお昼過ぎ頃にインフォメーション横にて予約窓口が設置される。(会場→新富士駅まで1席2500円)

その他


・「新富士駅⑥」よりも「富士宮駅②」から朝霧高原へ行く方が安い。(路線は同じ)
 次回は富士宮駅周辺で安い駐車場を見つけられれば、より交通費を落とせる。

・2017年度の朝霧JAMは、夜3時間ほどの小雨が降っただけだったがMOON SHINE STAGEの方の足場はドロドロで、長靴でないと靴が浸水した。
 息子は浸水した長靴で歩くのが楽しかったようだが、靴や半袖の替えがなかったため困った。
 息子が水遊びをする可能性があるときは給水スポンジを持ち歩いた方がいい。

・夜に小雨が降り翌朝テントが濡れていたので、起きてすぐ給水スポンジで拭き取った。
 お昼間は日差しが強く、テントはきれいに乾いた。

・会期中は基本的に暑かった。夜は半袖とスウェットで寝たが、寝袋をかぶっていると暑かった。
 真夜中は寒かったが寝袋をかぶると問題なかった。

・会場は4Gが入る。

・今年のラインナップはこちら↓


comment (-) @ 旅の忘備録
駿河健康ランド(メモあり) | Kagawa, Osaka, Nara:9/6〜9/23