レビュー:ますたに家の旅道具10選(夏のアイルランド長期滞在に向けて)


2017/07/20
以前にこちらの記事で書いたアイルランドへの荷造り内容の自己レビューをしてみる。
まず、荷物を詰めた後の30Lのバックパック+サブバッグはこんな感じだった⬇︎



バックパックとサブバッグて、総重量7kg弱くらい。
タッパーなどのキッチン用品と、寝袋と、ブランケットは入ってない。

持って行ってよかったもの


① Macbook air


ほんまはiPad miniだけで乗り切りたかったのだが、今回はアイルランド滞在中に事業の税申告をしなければいけなかったので、渋々持っていくことにした。
でも実際には税申告以外にも、Wavデータの音源をチェックしたり、もらったCDを聴いたり、息子の学校から急な連絡が来てデータをやり取りしたりと、大活躍だった。
ちなみに写真は私のairではなく、DaveのMacbook Pro。




② 手ぬぐい・エコバッグ


毎日首に手ぬぐい巻いていた。
エコバッグは2つじゃ足りなくて、Cianにスタジオオリジナルエコバッグを1袋もらった。
主に食料品を入れたり、サブバッグの代わりに使用。




③ 折りたたみ傘


天気悪い日が多すぎた。




④ スープポット・野田琺瑯のタッパー・お箸・スプーン


野田琺瑯のタッパーは調理に大活躍。コンロがなくても湯が沸かせられれば、パスタが作れる!
スタジオでこんな風に食べてました。
スープポットは食器代わり以外にも、食品の保存や息子の胃腸炎に大活躍だった。




無くてもよかったもの


① ちょっと多めに持って行ったコイン


重かった・・・・。
今回はバスに乗る機会もそんなになかったので、こんなにたくさん持っていく必要はなかった。
道で歌っているバスカーさん達にあげた。


② 時計


腕が痛い。演奏時に邪魔。時差を修正するのが面倒。(アイルランド⇆オランダは時差1時間)
毎日使っていないから時間がなかなか安定しない。


③ ちょっと多めに持って行った服


毎日スタジオとホテルの往復のみだったので、朝起きた時に「今日はどれ着ようかな〜」なんて気分にはならなかった。
毎日長袖ロンT+チノパン+手ぬぐいで、ワーキングウェアと化していた。
寝るときはタンクトップ。
ワンピースは、Cianのライブを見に行った時に着ただけだった。


④ チーズカッター


食べきりのスライスチーズで十分だった。

欲しいと思ったもの


① もっと暖かい服


基本的に、寒かった・・・。
フライト時間の都合で一晩を空港で過ごしたのだが、夜のダブリン空港は本当に寒い。
毛糸のハイソックス持ってくりゃよかった・・・。
あと、軽くて小さく折りたためる可愛いウインドブレーカーが欲しい。




② サンダル


毎日毎日スニーカーを履き続けて、なんか嫌だった。
たまには開放的にサンダルを履きたかった。寒いけど。




③ がっつりしたノート


レコーディング中はアイディアを書きとめたり、英語を教えてもらったりと、何かと書く機会が多かった。
持参した小さなメモパッドだとあっという間になくなってしまって、ペンのインクも無くなった。
長年愛用できる記録用の自分のノートが欲しくなった。




寝袋とマットは使用頻度は少なかったものの、体調崩したときにスタジオで寝る時や、息子が空港で寝る時に使った。
マットはかさばるけどめちゃくちゃ軽いし、衛生面が不明な場所への滞在は持って行った方がいいということが分かった。

もっと身軽にできひんやろか〜。まだまだ改良の余地があるはず!

comment (-) @ 旅の忘備録
inspiration | ただいま!