海外送金:ING(オランダ)→AIB(アイルランド)


2017/06/07
アイルランドの銀行に海外送金した。
日本の銀行から海外送金するときは、銀行名、支店番号、口座番号、名義人、SWIFT(BIC)コード、などたくさんの情報が必要な上、中継銀行を経由するため時間と手数料がかかる。

が、今回の送金はめちゃくちゃ簡単だった。

送金元はオランダのING銀行、送金先はアイルランドのAIB銀行。
元通過・受取通過は共にユーロ。
送金に必要なのは受取人の名前と、送金金額と、IBANコードだけ。
(IBANコードというのは、主に欧州・中東諸国で採用されている銀行口座の所在国・支店・口座番号を特定するための統一規格のコード)

INGの海外送金の仕方


INGのサイトにログインし、虫めがねマークのところに「Buitenland betalen」と入力してサーチ。

「Overschrijven naar buitenland」をクリック。

送金先の国(Land)通過(Muntsoort)を指定し「Wissen」をクリック。

受取人の名前(Naam ontvanger)金額IBANコード(Rekeningnummer/IBAN)を入力して「Verstuur」をクリック。(注:Eenmaligとは「一回のみ」という意味。ここは触らない。)

⑤スマホアプリのINGに内容が表示されるので、そちらを確認しろという旨が表示されているはずなので、アプリでMobile-Pincodeを入力して確定。

終わり。手数料はかからなかった。

普通の送金の場合は、確認のために携帯電話にSMSでTan-Codeが送られてくるのでそれを入力して完了という手順だったが、今回はSMSではなくアプリ経由での確認だった。
何故かは不明。もしかしたらどちらか確認方法が選べるのかもしれない。が、オランダ語が読めないのでそこまでは分からない。
あと、 PCからやらなくても最初からアプリで送金できる気がするが、そのへんも未確認。

ちなみに、INGの1日の海外送金限度額は€5,000であるが、これはいつでもサイトから変えられる。

着金まで1営業日とあったが、先方からはその日のうちに確認できたよと連絡があった。
またひとつかしこくなったでござる。

comment (-) @ 忘備録
フライトログ:DUB→AMS(Ryanair) | The Guide to Sleeping in Airports